スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境別の個人的な錬金術需要

Oblivionには大幅に環境を変更するMODがあるわけですが、
そういった環境変更による錬金術の需要がどれほどのものかまとめてみました。
あくまで自分の経験部分が大きいので感じ方には個人差があると思います。
自身が経験した環境に応じて増えていくかもしれません。

ヴァニラ 需要:★☆☆☆☆
一番の基準としてヴァニラ環境&難易度デフォルトにおける需要を。
おそらく通常のプレイにおいてそこまで錬金術を多用することはないと思われます。
ただし、自キャラが高レベルになった or 難易度バーを右にずらしていくと若干需要があがるかと。
このあたりはバフデバフ系魔法に通じるものがありますね。

Oscuro's Oblivion Overhaul(OOO) 需要:★★☆☆☆(ただし一部ボス戦に限り★★★☆☆~★★★★☆)
回復系のポーションの仕様が変わり、即時回復から持続回復に変わっています。
そのため、いざというときの緊急回避用の回復ができなくなっているので、
事前使用&被ダメをある程度抑える必要性がでてきます(もちろん魔法などで代用は可能です)。
またこのMODにおける強力な集団&ボスとの戦闘においては各種バフデバフの需要が高まります。
こちらももちろん魔法で代用可能ですが、そうするにしてもマジカ回復手段は多いほうがいいでしょう。
デバフ系の必要コストが増しているのでその対策にも使えるかと思います。

Mart's Monster Mod(MMM) 需要:★★★☆☆~★★★★☆
大量の種類の敵を追加し、なおかつ出現数も増加させることで1対多の戦闘機会が多くなります。
選択するプラグインにもよりますが敵に包囲されての戦闘では被ダメの軽減と回復手段の増強は必須でしょう。
特にバルログなどの一部の強敵は特定の弱点を持っていることが多く、なおかつ魔法反射を持っていたりします。
そういった敵には属性ダメージのついた毒を使用することで非常に選択が楽になるでしょう。
また、新素材も大量に追加されているのでヴァニラ以上に強力なポーションや毒を製作することも可能になっています。

Tamriel Immersion Experience(TIE) 需要:★★★☆☆
このMODの特徴としては回復ポーションの大幅な仕様変更と自キャラの初期値弱体化でしょうか。
特に回復ポーションは毎秒1~3ポイント毎しか回復しないため前もってかけておくにしても限界があります。
高レベルになると、どうしても自作魔法もしくは自作ポーションが必要になってきます。
一応そのことを考慮してか、素材のなかには効果がさし変わっているものもいるので、素材には困らないかと思います。
あとは所持重量の係数がヴァニラに比べ減少しているので、キャパ増加系のMODを使用しないのであれば羽毛かも便利でしょう。

Waalx Animals & Creatures(WAC) 需要:★☆☆☆☆
MMMなどと同じく様々なクリーチャー(動物系メイン)や装備などを追加するMODです。
とはいえそこまで極端に凶悪なモンスターが設置されるわけではないので、ヴァニラと同じ感覚でいけるのではないかと。
おそらくWACを導入される際は他の大型系と組み合わせる方が大半だと思いますのでそちらとの兼ね合いになります。
もっとも、凶悪なモンスターこそいませんが時折厄介なのもいますのでそういった相手にはご注意を。

全環境(高難易度) 需要:★★★☆☆~★★★★★
大型環境などに関わらず、総じて高難易度ではバフデバフの存在が重要になってきます。
特に難易度最大の状態では武器および魔法による攻撃が大幅に減算されてしまうため敵が非常に硬くなります。
相手にダメージを与えるには自身へのバフ、相手へのデバフの重ねがけが必須となるでしょう。
ただしどういうわけか毒によく継続ダメージはその範囲外となるため、毒が大きなダメージソースとなります。
また自身へのバフにおいても高レベルの錬金術になればマジカ換算で膨大な量になる効果を発揮できます。
当然万能というわけではありませんが、こうした高難易度の状態こそ錬金術の真価が発揮できるでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

紡音(つむぐね)

Author:紡音(つむぐね)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。