スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36 Lessons of Vivec, Sermon 3を日本語化してみた

以下はThe Elder Scrolls III: Morrowindに登場する書籍 "36 Lessons of Vivec, Sermon 3" を自分なりに訳した物です。Vivecを語る上で重要な要素である "Love/愛" について軽く触れられていますが相変わらず難解な内容ですね。



盲目なるNetchimanの妻はHouse Indorilの領土へと向かう途中、洞窟へと迷い込んだ。実に偶然ながら、その洞窟はDwemerの要塞であった。Dwemerは卵を見つけ出すとNetchimanの妻を捕らえた。彼らは彼女の全身を捕縛し、地中奥深くへと連れ去った。

誰かの言葉を、彼女は聞いた。

'この者の身代わりを作り出し、それを地表に送り返すのだ。この者は我らの持つものに似た何かを授かっている。それはVelothiが切望するものであり、この者があまりにも長く姿を消していれば気付かれるだろう。'

暗闇の中で、Netchimanの妻は自らの体を巨大なナイフで切り開こうとする様を感じた。Dwemerはナイフが効かなければ何か硬い音がするものを、それらが効かなければ卵を産ませるべく膨大な熱を彼女に向けた。それらはすべて役に立たず、Vivecの卵は別状なく彼女のなかにあった。

あるDwemerが口を開いた。

'何もかも役に立たないとは。我らは愚かにも誤解してしまっていたに違いない。'

Vivecは自らの母親の恐怖を感じ取ると、彼女を慰めた。

'その炎は私のものである: その身を委ねよ
さすればPadhomeの祭壇にて
秘密の扉が作られるだろう
我らの身が守られ
加護を受けられる
Boet-hi-Ahの座の扉が。'

その古の祈りを耳にしたNetchimanの妻は微笑み、深い眠りにへと落ちていった。角ばった球体とともに戻って来たDwemerのAtronachたちに自らの肉体がバラバラに切り刻まれても、彼女は目を覚ますことなく安らかに死を迎えた。Vivecは彼女の胎内から取り出され、研究のため魔法の試験管のなかに安置された。自らを捕らえた者たちを惑わせるべく、彼は自らの本質を愛にへと向けた。それはDwemerが知り得ない感情であった。

卵は語る:

'愛とは感情や出来事の構成要素のみならず、束の間の憤怒を生み出す感情からなる原料であり、悲しきほどに様式化された制約であり、恋仲の男女のみが知る親愛の入り混じった謎かけであり、あまりにも長い間残り続けるようなものである。また、愛とは交流の場において言葉を用いるかに関わらず明白な要素として頻繁に引用されるものであり、それは時折あらゆる形で真の信仰心へと姿を変え、その一部は硬く、解けず、融けぬ結束をもたらすものである。その基本形において、愛は人間関係より生れ落ちる総計十三にもおよぶ活力の風をもたらすものである。その社会全体における役割および価値については議論がなされている。'

Dwemerはそれらの言葉に苦しめられ、自らの権力の象徴の陰に身を隠そうとした。彼らは洞窟から卵の像を追い払うべくAtronachたちを送り込み、彼らの作り出したVivecの母親の身代わりの内にそれを安置させた。

あるDwemerは告げる。

'我らDwemerはVelothが授かるものを切望しているに過ぎぬ。それはこの世界のみならず我らの知る八つの世界、NIRN、LHKAN、RKHET、THENDR、KYNRT、AKHAT、MHARA、そしてJHUNALにおいて、我らの破滅をもたらすものである。'

その破滅の秘密は、この教えのうちにある。

ALMSIVIの言葉をもって、この説法を終える。
スポンサーサイト
プロフィール

紡音(つむぐね)

Author:紡音(つむぐね)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。