スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36 Lessons of Vivec, Sermon 2を日本語化してみた

以下はThe Elder Scrolls III: Morrowindに登場する書籍 "36 Lessons of Vivec, Sermon 2" を自分なりに訳した物です。まだ2冊目だというのに、すでに頭が破裂しかかっています。次以降をあげられるのは、おそらく数日以上経ってからかな…



その内にVivecの卵を抱えるNetchimanの妻は、Indorilの地を探し求めた。旅の途中、多くの霊たちが彼女の元を訪れ、その息子にして娘、未来の栄えある、まだ見ぬVvardenfellの戦士にして詩人たるVivecに教えを授けた。最初の霊は腕を大きく振り回し、その知識をきつく抱き締めた。Netchimanの妻は計り知れぬ努力に専心するようになった。卵は喜び彼女の内で宙返りをすると、世界の五つの地域に頭を垂れて告げた:

"このような神聖なる行いをした者は誰であれ、生涯において誇り高く強大な存在となるであろう!"

第二の霊はあまりも高慢で自身の立場を踏み越えていたため、頭痛の呪文によって追い払われた。第三の霊、At-HatoorはNetchimanの妻がEmperor Parasolでくつろいでいる時に彼女の元を訪れた。その衣服は何かしらの暗示によって形作られており、卵はそれらを三度見た。一度目に、Vivecは言った。

"ハッ、無意味だな!"

二度目に見た後、彼は言った:

"うーむ、やはり何か意味があるのかもしれない。"

最後に、At-Hatoorの衣服を横目に見ながら彼は言った:

"素晴らしい、詳細を欠いたものからその重要性を推測する能力!"

"そこに格言があるのです" At-Hatoorはそう告げると去っていった。

第四と第五の霊は親族であったため、ともに現れた。彼らはその霊的な指先により本質を見出すため卵を探った。一方は、現在のVivecは半影が引き裂かれた星のような姿をしていると告げた。他方は、消えたものが蘇ったような姿だと告げた。

"一族より私から" 最初の親族が告げる。 "この宇宙の終わりを引き起こすであろう、一連の災いをもたらします。"

"今度は私から" 第二の親族が告げる。 "我らにそれぞれ訪れる定めである、あらゆる始原の融合をもたらします。"

すると卵は笑った。 "この若さで抱えるにはあまりも重すぎる。私はもっと早く産まれるべきだったか。"

そうして第六の霊、Black Hands Mephalaが現れた。時代の初め、Velothiにセックスと殺人のあらゆる術を授けた存在である。その燃え盛る感情はNetchimanの妻の目を融かし、六の切り裂きとともにその腹から卵を取り出した。その卵の像はしかし、太古より以前、大地がまだ落ち着き、我を失っていなかった時代を見通すことができたのだ。

それはDaedrothと一体化し、解きほぐそうとする力から世界の網目を守護するべくわずかに残されたかつての神秘を手にした。するとBlack Hands MephalaはNetchimanの妻に卵を戻し、その傷口が塞がるまで彼女に魔法の吐息を吹きかけた。だがDaedrothは彼女の目を治すことなく、こう告げた:

"神は三つの鍵を持つ。誕生に、機械に、そして言葉の狭間に。"

この説教において賢者は、それらの鍵の半分を見つけられるであろう。

ALMSIVIの言葉をもって、この説法を終える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紡音(つむぐね)

Author:紡音(つむぐね)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。